2018年12月12日

結婚したいけど独立もしたい!両立するコツとは?

エンジニアが独立してフリーランスになった場合、そのことによってもたらされる恩恵はいくつもあります。
その第一は、時間が自由に使えるということです。会社勤めの時は基本的に仕事の選択権はありません。与えられた仕事をこなすだけくたくたになってしまいます。
しかし、独立してしまえば自分主導で仕事を選ぶことが出来、スケジュールの調整もある程度自由です。スキルを学ぶ時間とそのスキルを生かす仕事を合理的に配置できるようになります。

そうなると、エンジニアとしての実力は一気に上昇していき、そのことによって得られるのが単価の高い仕事です。
自由な時間、スキルのレベルアップ、以前より高い収入、そしてレベルの高い仕事をするやりがい。これらがフリーランスになることのメリットだと言えるでしょう。
もちろん、これらはすべてがうまくいった時の話であり、綻びが生じればメリットは消え、デメリットだけが残ります。

例えば、怪我や病気で仕事ができなくなれば、すぐに収入は途絶えてしまいます。
そして、余裕がなくなり自己学習が滞ればレベルの高い仕事も出来なくなります。そうなってしまうと、生活が安定しないので結婚も難しくなってくるでしょう。
したがって、フリーランスを目指す人はその魅力だけに心を奪われないで、デメリットについてもしっかりと頭に刻み込んでおくべきなのです。
会社の後ろ盾を失うことに対し、相応の覚悟が必要なことを忘れてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント